人材育成

ホーム > CSR 核医学とともに > 社会から信頼される企業であり続けるために > 雇用・人材・人権 > 人材育成

各種研修

人材育成のため「従業員の意欲の向上」、「能力開発」、「キャリア形成支援」といった観点から、新入社員から管理社員まで、役職や経験に合わせた階層別研修や外部教育機関への派遣を通じてコア人材育成を図る選抜研修などを実施しています。この他にも、英会話能力の向上のための研修や、通信教育といった自己啓発への補助により、自ら学び成長する風土の醸成も進めています。また、医薬情報の担い手であるMRには、常に最新の医療・医薬品情報の教育を行っています。

女性活躍推進

女性社員の活躍を推進し、女性管理職にはさらなる能力の開発・向上を図り、将来のコア人材となるべきロールモデルを養成するために、外部研修への派遣を行っています。外部研修では経営戦略やマーケティング等の経営スキル、リーダーシップとマネジメントに関する考え方を身に付け、異業種、異職種の人材との交流により視野の拡大を図ることを目的としています。
また、専門職の女性社員に対しても、前向きなキャリアビジョンを描き、ステップアップへの行動に繋がるよう、キャリア開発を目的とした外部研修にも積極的に派遣しています。

研修体系

研修一覧 「階層別研修」 管理社員研修(マネジメント研修、新任管理職研修) 専門職研修 新入社員研修(新入社員研修、フォロー研修) 「選抜型研修」 次世代リーダー研修(次世代リーダー、女性リーダー研修、女性セミナー)国際化研修(通学型英語研修、英語Eラーニング、ビジネス英語スキル研修、英語能力判定試験) 「自己啓発」 通信教育・教養講座など(ビジネススキル研修、受講支援) 「その他」 コンプライアンス研修、メンタルヘルス研修、ライフプランセミナー(50歳時点)

このページの先頭へ